赤ちゃん連れセブ島・マニラ旅行記

生後11ヶ月の赤ちゃんを連れてセブ島とマニラへ旅行した際の記録です。

3日目-2 レッド・ココは知名度低い?予約取れず

セブシティのSMシティセブでミネラルウォーターを大量に買ってきたので、記念にパチリ。4リットル入りで60ペソくらいでした。

f:id:Taracomom:20140816130706j:plain

コスタベラ トロピカル ビーチ ホテルでは300mlくらいのペットボトルの水が2本無料でもらえますが、全然足りないのでショッピングモールで買っておくことをオススメします。

ちなみにホテル内のレストラン、ラ・マリーナでも1.5リットルのミネラルウォーターが120ペソで購入できます。


買い物で疲れたので、部屋でひと休み

セブシティのショッピングモールで買い出しをして疲れたので、ホテルの部屋でひと休み。
キングサイズベッドは寝心地も良く、テラスでのんびりもできるので最高です。

テラスからの眺め。プールに面しています。

f:id:Taracomom:20140816131501j:plain


レッド・ココの予約できず

ガイドブックに載っていた、レッド・ココ(Red Coco)という民族ダンスショーが観られるレストランの予約をお願いしようと、サービスデスクへ。

するとスタッフはレッド・ココを知らないとのこと。

電話番号がわかれば予約してくれるそうなのですが、ガイドブックは部屋に置いてきてしまい、手元にありません。

スタッフがネットで調べてくれたのですがわからず、結局この夜もホテル内のラ・マリーナで夕食を取ることに(笑)

赤ちゃん連れでも参加できるアフタヌーンクルーズを予約

サービスデスクに寄ったついでに、赤ちゃん連れでも参加できるアクティビティがないか尋ねてみました。

マリンスポーツ系は危険なのでオススメできないとのこと。まぁそうですよね。

そこでオススメされたのはアフタヌーンクルーズ。16:00に出発して、夕陽を観ながら軽食を取るというもの。時間も短くてムスメにも負担が少なそうです。

翌日に予約を入れることに決定!


アイランドホッピングは赤ちゃん連れにはきついかも

アイランドホッピングにも興味があり聞いてみました。

ただ、拘束時間が10〜16時までと長いこと、シュノーケリングなどは赤ちゃん連れでは楽しみづらいことから諦めました。

ひとりで泳げる年齢の子供連れには良さそうです。

部屋を出たところから見える海。

f:id:Taracomom:20140816131453j:plain

スポンサード リンク




ディナーはまたまたラ・マリーナで

海とプールでひと泳ぎしてからシャワーを浴び、またまたホテル内のレストラン、ラ・マリーナでディナー。美味しいので飽きません。

ポテトとチキンのサラダ、ポークシシグ、グリルドチキンパンダン、コスタベッラスペシャルフライドライスを注文。

しめて1554ペソ(3772円)。

ポークシシグがフィリピン料理には珍しくピリ辛。グリルドチキンは骨付きチキンの照り焼きのような感じでボリュームがありました。

どれも美味しかったけど、量が多すぎて苦しかった…

満腹で3日目が終了。

+++
ベビ連れ旅行情報がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

ベビ連れ旅行情報がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

「赤ちゃん連れセブ島・マニラ旅行記」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。