赤ちゃん連れセブ島・マニラ旅行記

生後11ヶ月の赤ちゃんを連れてセブ島とマニラへ旅行した際の記録です。

1日目-2 腐ってもJALはJALだと思ってたのに、ちょっと失望しました

出発の約2時間前には空港に着いていたたらこたち。

でもなんだかんだ忙しく、食事する時間は取れずに出発となりました。


JALボーイング767のバシネット席は前が広い!

赤ちゃん連れなので飛行機には優先的に乗せてもらえます。もちろん航空券を予約後に、JALに電話して席に備え付けのバシネット(ベビーベッド)席を予約済みです。

ANAのバシネット席を4回使ったことがありますが、今回乗ったJALボーイング767が一番足元が広かったです。

設備も新しくてなんだかかっこいい。

f:id:Taracomom:20140816121051j:plain

赤ちゃん用のアメニティとして、以下のものをいただきました。

f:id:Taracomom:20140816121237j:plain

また、おもちゃをひとつ選べるのですが、赤ちゃん向けのものは少なかったので、ハンドタオルをGET。

f:id:Taracomom:20140822113640j:plain


フライト出発トラブル発生で出発が1時間遅れた

乗客が乗り込んでからもなかなか出発しないたらこたちのフライト。しきりにとある乗客の名前を呼んでいます。

その後、「搭乗手続きをしたお客様の人数と、乗車されたお客様の人数が合っておりません。保安上、そのお客様の貨物を降ろします」とのアナウンスがありました。

たしかにテロリストだったら怖いもんね。
でも実際は、ゲートが遠かったので、チェックインカウンターで搭乗手続きをしてもゲートまでたどり着けなかったのでしょう。
その乗り遅れた?乗客のために、フライトが1時間遅れました。


親にとっては深刻なフライトトラブル発生?ムスメの機嫌が悪い!

ANAに乗ったときはご機嫌だったムスメですが、今回はもともとおなかのすいていたこともあり、ムスメは不機嫌MAX。泣き叫びはしないものの、グズグズしています。

泣かないようにフライトトラブルでの待ち時間の間に授乳済み。
離陸のタイミングでグビグビ飲ませることができなかったので耳が痛くなったりしないか心配でしたが、グビグビでなくてもちょっと吸っていれば問題ないようでした。
疲れたのか離陸後に寝てくれたのでラッキー。

 

JALのマニラ行きフライトがちょっと微妙だった理由

天下のJALということで期待していたんですが、フライトトラブルでの遅れがなかったとしても、ANAの方がいいね、というのがたらことオットの感想。
理由は以下のとおり。

  1. 出発ゲートが遠い
    ベビーカーを使う赤ちゃん連れにはなかなか厳しい遠さでした。

  2. 外国人の客室乗務員の一部のサービスレベルがあまり高くない
    たらこの乗ったマニラ行きの便はコードシェア便ではないと思うのですが、客室乗務員の半分以上が外国人でした。(おそらくフィリピン人)
    その全員ではないのですが、サービスレベルが微妙だなと思うことがチラホラ。(水を頼んだらイヤな表情をされたり)

    客室乗務員が外国人でも全く構わないのですが、訓練にかける時間が減ったのだと思います。コストを抑えるためなのでしょうが、ちょっと残念でした。

  3. 機内食が選べない
    顧客に選ばせる手間と時間を省くためのコストカットの施策のひとつなのでしょう。シーフード塩焼きそばと牛肉の中華風ご飯がひとつの容器に両方入っていました。

    f:id:Taracomom:20140816121232j:plain


    味は美味しかったのですが、選ぶ楽しみが減ってちょっとだけ残念。

     

  4. 機内食の量が少ない
    今まで数十回と飛行機に乗ってきましたが、明らかに今までで一番量が少なかったです。メインの容器も小さめだし、サイドディッシュはサラダだけ。
    正直かなり物足りなかったです。

  5. 赤ちゃん用の機内食がしょぼい&赤ちゃん用の飲み物のサーブがない
    ANAは瓶入りベビーフード1つと調理されたお粥とおかず、バナナ、ヨーグルト、ドリンクがセットになっていたのですが、JALのミールパックには瓶入りベビーフードが2つだけ。ドリンクは入っていません。
    飲み物のサーブの時間もムスメのために飲み物をくれようとはしませんでした。水筒にお水を足したかったのにー。
    f:id:Taracomom:20140816121237j:plain

  6. 飲み物のサーブのとき、味噌汁しかくれなかった
    飲み物のワゴンが来たときにお味噌汁はいかがですか?と聞かれたのでいただいたのですが、その後すぐに次の人の対応に移られてしまいました。
    また飲み物のワゴンが来るのかな?と思ってそのときはドリンクをくれとは言わなかったのですが、次に来たのは食後しばらくしてからの熱い緑茶。

    しかも緑茶のサーバーを持ちながら特に声もかけず、サッサと歩いて行こうとするのを必死に呼び止めました。
    どちらも外国人の客室乗務員の対応でしたが、この辺のきめ細やかさがまだ身につかない状態でフライトに出してしまうのが残念。

  7. 機内の騒音がうるさい
    フライト中はエンジン音が常にあるものですが、今回のボーイング767は今までで一番うるさかったです。
    安定飛行に入ってからもだいぶ大きな騒音が続いたので、なんだかぐったり。

 

JALの良かった点

残念な点ばかりでも申し訳ないので、良かった点も書いておきます。

  1. 一部のベテラン客室乗務員のサービスレベルはさすが!
    上述したとおり、一部の客室乗務員のサービスレベルは残念でしたが、ベテランの方の対応はさすがだなと思わされるものでした。

  2. バシネット席の足元が広い
    前述のとおり、足元は広々としており、脚を伸ばしてもまだ余裕がありました。

  3. バシネットがANAよりしっかりしている
    ANAのバシネットは布製のハンモックに毛が生えた程度のものだったのですが、今回のバシネットはしっかりと固定されており、底もあったので座らせて遊ばせることもできました。
    f:id:Taracomom:20140816121209j:plain
    ANAのバシネットはこちらのブログでどうぞ。
    1日目-1 全日空(ANA)とシャーウッドタイペイ(西華飯店)は赤ちゃん連れに優しい!: 赤ちゃん連れ台湾旅行記

  4. ハーゲンダッツが美味しかった
    食事のデザートにハーゲンダッツのマンゴーソルベが出ましたが、これが美味しかった!
    (帰りはハーゲンダッツのバニラアイスクリームでした)

良い点悪い点どちらもありましたが、民事再生中のJALの苦悩を垣間見たフライトでした。

少しムスメはぐずりましたが、タッチ!あそベビー 0歳から遊べるタッチ遊びアプリというiPhoneアプリを持参していたので助かりました。おすすめ!

 

ベビ連れ旅行情報がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

「赤ちゃん連れセブ島・マニラ旅行記」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。