読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃん連れセブ島・マニラ旅行記

生後11ヶ月の赤ちゃんを連れてセブ島とマニラへ旅行した際の記録です。

Photobackで旅行のフォトブックを作ったよ

たらこは旅行が終わるとすぐに、フォトブックを作ります。
そのときに必ず使っているのが、Photobackというサービス。

Photoback | ログイン

フォトブックを作る理由

旅行に行くと写真をたくさん撮りますよね。
その写真、いつ見直しますか?
おそらく何年も前に撮った写真はほとんど見直すことがないのでは?

たらこは長期旅行に行くたびに、フォトブックを作ります。
フォトブックにすれば、楽しかった思い出を、いつでも目にすることができるからです。

フォトブックはいつもPhotobackというサービスのBUNKOというサイズで作っています。
トイレに無印の壁につけられる長押を取り付け、その上に並べているので、トイレに入れば手にとって眺めることができるのです。

Photobackを使う理由

Photobackのサービスを知ったのは、友人がこちらでフォトブックを作っていたからでした。すごくおしゃれでステキだったのです。

探せばもっと安く作れるフォトブックのサービスはありますが、このクオリティでこの価格はむしろ安いと考えます。

サイズもいろいろ選べるので、好みに合わせて選べるのもいいですね。
たらこは本棚に収納しても違和感がないよう、文庫本サイズのBUNKOにしています。
パラパラめくるのにもちょうどよくて、手に取りやすい大きさです。

撮った写真のボリュームによってページ数も選べます

36ページ2581円(税抜)から96ページ3734円(税抜)まで、ページ数は5パターンから選べます。
今回は写真もたくさん撮ったので、一番ページ数の多い96ページで注文。

フォトブックデータを永久保存してくれる

また、Photobackでは完成したフォトブックのデータを無料で永久に保存してくれます。
サービスが終了しない限りはいつでも再注文できるのは、地震や家事で写真やデータを失ったときを考えるととても心強いです。

セブ・マニラ旅行のフォトブックが届いたよ

発送方法も選べますが、たらこは一番安いメール便で発送。
こんな感じでしっかりと梱包されています。

f:id:Taracomom:20140903182959j:plain

中身はこんな感じ。

f:id:Taracomom:20140903183025j:plain

f:id:Taracomom:20140903183037j:plain

f:id:Taracomom:20140903183052j:plain

こんな風にコメントも入れられます。
たらこは写真をメインにしているのでコメントなしか少なめのテンプレートを多用していますが、日記のようにたくさん文章が入れられるテンプレートもありますよ。
f:id:Taracomom:20140903183105j:plain

f:id:Taracomom:20140903183136j:plain

最後のページにはこんな風に、オットへの感謝の手紙っぽくしています。

f:id:Taracomom:20140903183238j:plain

今ならJOURNALというB5サイズが一冊無料でお試し可能

なんと今ならB5判のJOURNALというサイズが一冊無料で作れます。
質感や使い勝手など、試してみてはいかがでしょうか。
無料お試しは2014/9/18までなので急いで!

こちらから登録すると、お友達紹介で15%オフクーポンがもらえます。
値引きはほとんどしないサービスなので貴重です。

Photoback | ログイン


+++
ベビ連れ旅行情報がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

セブ マクタン島のコスタベッラトロピカルビーチホテルはコスパ良しで赤ちゃん連れにもおすすめ!

たらこがセブのマクタン島で泊まったコスタベラ トロピカル ビーチ ホテル(Costabella Tropical Beach Hotel)は赤ちゃん連れセブ旅行にとてもおすすめできるホテルでした。

もっと他にも良いホテルはあるかもしれませんが、コストパフォーマンスがとても良かったです。

良かった点

  1. とにかくスタッフが良い!
    いつもみんな笑顔で一度もイヤな思いをしませんでした。
    レストランのスタッフはもちろん、ポーターや掃除のスタッフもフレンドリーで気持ちがいいです。
    また来たいと思わされる素敵な笑顔でした。

  2. スロープがあってベビーカーも安心
    たらこたちはエルゴの抱っこひもしか持参しませんでしたが、段差のある場所には必ずスロープがあるので、ベビーカーを持ち込んでも便利です。
    車椅子の方も何人か見かけました。

  3. 朝食ビュッフェにお粥がある
    ちょっとしょっぱいですが、朝食ビュッフェにはお粥があるので赤ちゃんにあげられます。

  4. 朝食ビュッフェのフレンチトーストが美味しい
    エクスペディアの口コミにも多数書かれていましたが、たしかに美味しい!
    卵液に浸したバゲットに砂糖と塩?をまぶして焼いています。
    キャラメリゼされた周りの甘さとしょっぱさが絶妙です。f:id:Taracomom:20140816134441j:plain

  5. セキュリティがしっかりしている
    タクシーでホテルに入るときは部屋番号などを聞かれ、厳重に管理されています。不審人物が入ってこないので安心できます。

  6. マクタン空港から近い
    コスタベラ トロピカル ビーチ ホテルはマクタン空港から約15~20分程度で着くので、移動で赤ちゃんの体力を使いすぎません。

  7. セーフティボックスがフロントにある
    セーフティボックスは部屋にはなく、フロントにあります。
    利用したい場合はフロントで申し出ればOKです。カギを渡されます。
    これはエクスペディアの口コミでは不便だと書いている人も多かったですが、たらこはフロントで厳重に管理していることに安心感を覚えました。

  8. プールが清潔
    プールだけでなくどこも割と清潔なのですが、ゴミが浮いていたらすぐにライフセーバーが掃除してくれました。

  9. プールの安全管理が行き届いている
    ライフセーバーは危険な泳ぎ方をしている客や、サンダルのままプールに入っている客などには注意をしてくれるので、赤ちゃん連れでも安心して利用できます。

残念な点

  1. シャワーが固定式
    海外のホテルではありがちですね。ムスメのお風呂が大変でした。
    高級ホテルに入る最終日に泊まったマニラホテルも固定式シャワーだったので、フィリピンでは仕方ないのかもしれません。

  2. 湯温の調節ができず、お湯が出ない
    寒くなるほどではないですが、ぬるーいプールくらいの水しか出ません。(たまに温かいお湯が出ます)
    なので熱いお風呂につかりたいという方には不向きかな。

  3. プライベートビーチはあるけど、小さいし午前中しか泳げない
    無理すれば干潮の午後も泳げますが、底に石がゴロゴロしているので、水辺用の靴を履いてください。
    泳ぐのは潮が満ちている午前中をおすすめします。f:id:Taracomom:20140816134504j:plain

  4. あまり日本語が通じないかも?
    たらこたちは英語でコミュニケーションしていたので問題なかったのですが、日本語ができるスタッフはあまりいなさそうでした。
    ポーターの男性が少し日本語を話していましたが、フロントのスタッフはどうかわかりません。
    日本語ができるスタッフがいるホテルが良い場合は、シャングリラなどが良いでしょう。

  5. 歩いて買い物に行けない
    ホテルの周囲は貧しい地域です。
    とても赤ちゃん連れでフラフラ歩けるような雰囲気ではありません。
    また、そもそも買い物ができるような通りに行くまでに徒歩だと10分近くかかるでしょう。タクシーでの移動が基本となります。
    レストランなどではタクシーを呼んでくれますし、ショッピングモールにはタクシー乗り場があります。


総合的に考えると、たらこはとてもおすすめできるホテルでした。
コスタベラ トロピカル ビーチ ホテル(Costabella Tropical Beach Hotel)

+++
ベビ連れ旅行情報がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

7日目-3 JALでマニラから成田空港へ

無事空港でチェックインし、税関を通過。

大人は1人空港税を550ペソ払わなくてはなりません。

f:id:Taracomom:20140816133833j:plain

ドルとクレジットカードも使えますが、併用はできないとのことで、ペソは中途半端な額が余ってしまいました。

JALの入っている第一ターミナルは古くてこじんまりとしており、大きな土産物店などはありません。

たらこは入る時間がありませんでしたが、チャイルドケアルームという授乳室がありました。

待合ロビーはこんな感じ。

f:id:Taracomom:20140816133859j:plain
ムスメの赤ちゃん用航空券とパスポートはこちら。

f:id:Taracomom:20140816142208j:plain


JALの帰りの便は満足。さすがJAL!見直しました

行きの便はサービスの質に少々疑問ありでしたが(詳しくはこちら)、帰りは日本人のベテラン客室乗務員のきめ細かい対応に大変満足しました。

ちょうどムスメに離乳食をあげている時に食事のワゴンが通ったのですが、「後ほどタイミングを見てお食事をお持ちします。お食事はお父様お母様別々にお持ちしましょうか?」などと聞いてくれました。

今回の便は外国人客室乗務員もとても愛想が良く、気持ち良く過ごすことができました。

スポンサード リンク



離乳食の内容はJALよりANAの方が充実

ANAの離乳食は行きと帰りで異なるものの、料理されたお粥とおかず、ヨーグルト、飲み物、バナナ、瓶入りベビーフードと盛りだくさんでした。

それに対してJALは行きも帰りも全く同じで、キューピーの瓶入りベビーフードふたつのみ。

f:id:Taracomom:20140816121237j:plain

その代わりポーチと防水エプロンがついてきますが、そのコストでもう一瓶増やすとか、ヨーグルトをつけるとかしてほしいなぁ。

ちなみにANAにはオムツのサービスがありませんが、JALだとオムツが二つもらえます。サイズも選べます。

帰りの便は子供向けのおもちゃは選べず、ハンドタオルが配られました。

f:id:Taracomom:20140817101240j:plain

ベビーベッド、オムツ、ベビーミールは、航空券とは別に予約が必要なのでご注意くださいね。

マニラから成田空港までは4時間のフライト。
ムスメはほとんど泣くこともなく、かといってほとんど寝ることもなく、あやし続けなくてはいけませんでした。

あそベビーというiPhoneアプリをたくさん購入していたので助けられました。

タッチ!あそベビー 0歳から遊べるタッチ遊びアプリ - WAO CORPORATION

+++
ベビ連れ旅行情報がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

ベビ連れ旅行情報がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

「赤ちゃん連れセブ島・マニラ旅行記」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。